読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

サブカル系眼鏡男子の日常

断捨離系でもあります。

ドバイ旅行記4 ドバイメトロでドバイモールへ行こう

砂漠のホテルのプールでリゾート気分を満喫した後、午後からいよいよドバイ市内へ。

 

ドバイと言えばオイルマネー、オイルマネー、オイルマネーなイメージですね。

 

さすがバブルが弾けて経済が落ち着いたと言っても十分な建設ラッシュでした。取り壊し中の建物、建設中の大型の建物がたくさんありました。

 

ホテルからドバイモールへの移動ですが、だいぶ距離があるので、タクシー料金を節約するために、ドバイメトロに乗ります。物価が高いドバイですが、ドバイメトロは安いんです。

エリア別の料金なのですが、 エリア内なら60円程度、エリアを2つ通過しても200円程度です。

電車も7分間隔で運行されているのでそんなに待つ必要もありません。

 

f:id:re_creation:20130816153547j:plain

ドバイメトロの駅は全部この形です。インパクトありますよね。なんて近未来的。そして駅までの高架を渡っていると一つ気が付いたことが。

 

この下片道7車線!!なんて幅広!

f:id:re_creation:20130816153717j:plain

ドバイメトロのチケットは3種類あって、全部タッチ方式です。上から安い順です。

 

レッドチケット:チャージ可能な回数券

シルバーチケット:レッドよりは割安に乗れるSuica

ゴールドチケット:グリーン車に乗れるSuica

 

1日しか乗らないのであれば往復分をレッドチケットにチャージしておけばいいです。

数日滞在したり、頻繁に乗ったり降りたりするのであれば、残量がわかりやすいシルバーチケットの方が良いです。かさばらないし、おみやげでもいいかもしれません。

ただシルバーチケットは自動販売機では買えないため、窓口で買う必要があります。

 

ドバイメトロ内はこんな雰囲気。

外を走るモノレールといった感じなので、非常に明るい雰囲気です。

 

おまけに見晴らしがよいので、街中を走ってるのに開放感があります。

f:id:re_creation:20130817143817j:plain

そしていよいよドバイモール駅着。

 

ドバイモール駅からドバイモールまではエアコンが効いた(これ重要)通路が接続されているので、

快適に迎えますが、バスでも行けます。ドバイモール駅で下車した人なら無料なようです。

 

ドバイモールとは2008年にできた世界最大のショッピングモールで1200店舗が中に入ってるようです。中にキッザニアセガのテーマパーク、水族館もあります。世界一の高さを誇るブルジュハリファ、ドバイファウンテンも隣接してます。今日はブルジュハリファには登らず、見るだけですが

 

バス降り場からドバイモール内に入ってすぐに目に入ったお店が

f:id:re_creation:20130816163314j:plain

 DAISO JAPAN。そう。ダイソーです。

100円均一ならぬ7ディルハム均一。日本から行った時が1ディルハム28円程度だったので、約200円です。高い!日本と同じものも多数売ってました。日本語しか書いてない商品がほとんどだったけど、現地の人に用途がわかるんでしょうか?そしてMUJIもあります。

 

家電量販店にはさすがに日本の製品はそこそこありますね。しかし圧倒的に多いのがSAMSUNG製品でした。

 

そしてありましたよ。スケートリンクが。

外は灼熱の熱さだというのに、中でスケートが年中楽しめるなんて贅沢過ぎますよ。

(ちなみにエミレーツのモールにはスキー場もありますが。)

 f:id:re_creation:20130817013907j:plain

さすがに町中は活気がありますね。観光客も多いです。そして普通に民族衣装を来たアラブの人が歩いています。家族全員民族衣装の人も普通にモール内にいますよ。

民族衣装ですが、とても絹のようにツヤツヤ、サラサラしています。見た目暑そうなのに、涼しそう。とても清潔そうな印象です。埃がついたり、シワが入ってたりする人は一人もいませんでした。とても気を使ってるんでしょうか?かといって欧米の人も多数いるし、なんかいろんな民族の人が共存していて、とても国際的な感じです。

  

 

今回ドバイモールへ来たのは、後日に登る予定の世界一高い建物ブルジュハリファのチケットを発券するためです。

当日券は高いので注意。あらかじめ日本でネットで公式サイト(英語)から予約しておく必要があります。30分単位の入場時間ごとに予約できます。(ブルジュハリファに登る時間の制限があるだけで、展望台に滞在する時間には特に制限がないようでした。)ちなみに夕日や日没の見られる18:00-19:00あたりが人気の時間帯のようです。予約するならお早めに。そしてチケット発券は当日でもできますが、時間の余裕があったほうがいいです。

 

ドバイモール内で 紀伊国屋書店を発見。おもしろそうなのでいろいろ見てみます。英語の本のコーナーを奥へ進んだら、漫画のコーナーがありました。

f:id:re_creation:20130816191113j:plain

 とてもスタイリッシュな背表紙ですが、美味しんぼです。

 

 

f:id:re_creation:20130816190627j:plain

フィギュアを展示してある場所を探したら、ありました。スタープラチナのフィギュア。ドバイでもジョジョの知名度はあるんですかね?フィギュアとしてはナルト、ワンピースが圧倒的に多かったです。

 

アニメのコミック以外のファンブック、解説本の上には(決して同人誌ではない)「OTAKU」の文字が。JOJOのファンブック JOJO Menonもありました。しかし価格はほぼ倍です。現地のコミックは高いんですね。日本円にして1200円程度。漫画高級すぎません!?

 

f:id:re_creation:20130816193353j:plain

入り口の真横に大量に置かれて猛プッシュされている漫画がありました。「ATTACK ON TITAN」そう、日本でも人気の「進撃の巨人」です。なぜか「4月からアニメ化」のポスターもありました。よく見たら一巻あたり100冊以上置かれてますね。日本でも見ないくらいの押しですね。置かれてるってことはそれなりに売れてるんですかね?1冊1200円なのに。

 

 

 夜はドバイファウンテンへ。30分おき(各時間00分、30分)に噴水のショーがあります。人が多いのでいい場所で見たいなら、早めの場所取りをおすすめします。

f:id:re_creation:20130817011755j:plain

今まで見た噴水の中で最高のクオリティです。150メートルの高さまで上がるらしいですよ。スケールがでかい。ドバイへ来たら是非見て欲しいです。

 

そしてこの後に夕食に行ったのですが、それはまた次回。それでは。

 
広告を非表示にする