理系男子のシンプルライフ

断捨離、節約大好きです。

プレゼンテーションのコツ

Windows/Office武勇伝 <開発者グループOPEN記念>

 

個人的にPowerpointでプレゼン資料を作成するときに心がけているのが

 

1.モデル化

2.ワンメッセージ、ワンチャート

です。

 

■モデル化

プレゼンテーション資料に時々長文、箇条書きで書いてある資料をよく見かけます。

しかし、プレゼンを受ける方は画面を読んでしまいます。プレゼンって自分自身のアピールでもあるんです。できるだけ自分と自分の差している資料のみを見てほしいし、頭の中ではできるだけ、自分の話していることの意味に集中してもらいたいものです。

そのためには文章、箇条書きを避けます。文章で言いたいことを分解して、メッセージのモデル化をします。

論理をわかりやすく図示してあげます。

そうすると一目見ただけで資料の意味がわかるため、相手を納得させるために効果的です。

■ワンメッセージ、ワンチャート

グラフはシンプルに

いろいろなデータを分析した結果、細かい分析結果がたくさん出てくることがあります。

 

・A社はここ数年で急成長している。

・B社の売上は2012年度のみ落ちているが、2013年度は平年並みに戻っている。

・C社は高シェアを維持し続けている。

 

さて何を伝えたいでしょうか。

メッセージがあるなら、それを伝えるメッセージを示すグラフのみを抜粋しましょう。

 

しかし、本当に言いたいことと、あくまでどうでもいいことは区別せずに、連続して話すと、相手はどちらが重要なことかわからず、混乱します。

分析をする際には全項目の全データが必要ですが、プレゼンの時には不必要なデータ、不必要な部分はカットしてしまいましょう。

もし全データが求められる可能性があるのであれば、最後に添付資料としてグラフをつければ十分です。プレゼンテーション資料としてはごちゃごちゃしたグラフはいりません。

 

色によって伝える

そして伝えたいデータの部分に関しては他の部分は色で伝えましょう。

矢印等でも伝わりますが、少しでも資料をスッキリさせるために他の部分はできるだけ、モノクロで表現して伝えたいメッセージを含む部分だけを色付けします。

グラフを描く際には不必要な線も消しましょう。色の数も極力減らしましょう。虹色のグラフは一見きれいですが、何かを伝えたいときには向きません。