サブカル系眼鏡男子の日常

断捨離系でもあります。

Kindle Paperwhiteを6カ月使ってみて

f:id:re_creation:20131023222354j:plain

Kindleを購入してからというものの、電車移動で出かける時にはほぼ持ちだすようになりました。E-Inkの液晶は紙と比べても目が疲れやすいと感じたことはありません。

一番実感していることは、空き時間を有効活用できるようになったことです。


もし空き時間が1時間あったら


これまではスマホで1時間適当にネットサーフィンして、暇つぶしのためにダラダラ。そしていつのまにかスマホの電池がゴッソリと減っている。友人と会う時間にはスマホの電池がない!

 

だったり


本を持って出かけていても1冊だけだと、飽きたら終了!


という感じでしたが、


kindle購入後は空き時間の暇つぶしは読書タイムがメインです。もし1冊目に飽きたら別の本を読む。読みたい気分の本を選べます。

1時間みっちり読書すれば十分充実感があります。集中できるので、満足度も高いです。
バッテリーの減少を全く気にしなくていいのもストレスフリーです。数週間に1度の充電で十分です。

同じ1時間の過ごし方ですが、Kindle Paperwhiteを購入してからはなんとなく充実度が上がったと思います。

 

扱いが楽

Kindle Paperwhiteは防水ではありませんが、本と比べて水気に気を使う必要もないので扱いが楽です。冷えたペットボトルや少し濡れたタオル程度であればカバンの中に一緒に入れても全く問題ありません。過剰に気を使う必要がないのが楽です。気づいたら本のページがカバンの中で折れることもありません。


本を持ち運びたい!けど、本が傷むのは嫌!というのが、もともとkindleを購入した一番の動機でしたので、その点は非常に実感しています。



本の買い方

また本の買い方にも変化が現れました。

・家、カフェでじっくり読みたい本は書籍の本を買う。
(例、本のデザインがいい、部屋に飾っておきたい本も含む。)

・空き時間に読みたい本はPaperwhiteで買う。

と使い分けることで読書ライフが便利になったと感じています。



少し前にKindle Paperwhiteの新モデルが出て、前モデルよりもページ読み込みスピードが早いとのことで非常に物欲が揺れてますが、1モデルごとに買い替えていてはキリがないため、今回は我慢することにします。

 

 

広告を非表示にする