読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

サブカル系眼鏡男子の日常

断捨離系でもあります。

iOS8.1のiCloudフォトライブラリを使ってみた

Apple iPhone

f:id:re_creation:20141022030658j:plain

iCloudフォトライブラリとは

iCloudフォトライブラリとはiOS8.1にβ版が搭載された新機能で、iPhoneのカメラロールを全てiCloudに保存して、他のデバイスからも見れるようになる機能です。
つまりこれまではユーザーがdropboxや他のクラウドのストレージサービスを利用して行っていたことをAppleが公式にやり始めたってことです。
 
それに伴ってAppleiCloud追加容量の値下げをこの秋に行っています。20GBを月々100円。なかなかお手軽な値段ですから、ちょっと本腰入れて来る気かもしれません。
 

iCloudフォトライブラリの設定

 

f:id:re_creation:20141022030659p:plain

設定>iCloud>写真でiCloudフォトライブラリ(Beta)のチェックをオンにすることで、使用可能になります。

その際に

  • iPhoneストレージを最適化
  • オリジナルをダウンロード

のどちらかにチェックを入れることになります。

 

iPhoneストレージを最適化

  • 最近iPhoneの容量が画像でいっぱいになってきた
  • iPhoneの容量を軽くしたい
  • iPhone内の画像は消したくない

って人に画期的な機能かと思われます。

iCloudにオリジナルの画像(おそらく数MB)をアップロードしてしまって、iPhone本体にはiPhoneで見るのに適した画像サイズ(おそらく1MB程度?)が残ります。

簡単にいうとiPhone内の画像サイズを圧縮できる機能です。しかしiCloudにオリジナルが残れば安心ですね。

 

オリジナルをダウンロード

前述の「iPhoneストレージを最適化」とは逆にiPhone本体にオリジナル画像を残す設定です。iCloudにはオリジナルか最適化された画像かどちらかがアップロードされると思われますが、現時点では不明です。

  • iPhoneにも高画質画像を残したい
  • 他のデバイスからも画像を見たい

という方はこちらの設定が良いかと思われます。

 

まだベータ版ですので、利用される方は自己責任で利用をお願いします。

1日使ってみた感想を追記しましたので、そちらもご確認ください。

iCloudフォトライブラリのベータ版を1日使ってみた感想 - サブカル系眼鏡男子の日常