読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

サブカル系眼鏡男子の日常

断捨離系でもあります。

Microsoft Office for iOSにテンションが上がらない件

Apple 家電
f:id:re_creation:20141107111825j:plain
ついに来た!

念願のアプリがiOSに!iPhoneでもiPadでも使えるようになりました。

しれっとApp storeに追加されてるじゃありませんか。しかも無料で!

しかしなぜかテンションが上がらない自分がいます。

なぜなのか。

あればいいなと思っていたのに、こんなはずじゃなかった感がものすごい理由を考えてみました。





余計な装飾はいらない?


そもそも文書作成ソフトの役割としては

  • テキストの入力
  • テキストの装飾
  • レイアウトの調整
が主な機能です。

テキストの入力は他アプリでも代替されており、特にMicrosoft Officeに求めているわけではありません。

となるとテキストの装飾、レイアウトの調整こそが、Microsoft Officeの最大の売りなはずです。

しかし、スマホタブレットで文書を見るときはシンプルな構成の方が読みやすいです。

かつてはPCの大画面や、紙媒体で見るために作成していたからこそ、テキストの装飾が必要だと感じていただけであって、現在のスマホタブレットで見る文書は余計な装飾がない方が見やすいと感じます。





操作がしづらい?

次に日々感じていることとして、タブレットスマホ環境では精密な操作はしづらいということがあります。



特にマウスと違い、タップでは限度があります。誤操作しまくりです。

あまり間違うとストレスがたまるので、一度イライラしたアプリってもう使いません。多機能でも操作しづらいと意味がありません。


すでにAppleのPagesやKeynote等でも同じことを感じた方がいるのではないでしょうか。


はてなブログの更新も細かい操作はPC上でやります。




まとめ

テキストの装飾の必要性と、操作の容易さが失われてしまったため、PC時代に求められた文書作成ソフトというものの存在価値がタブレット時代では薄れてしまったのではないかと思われます。

いやー。時代の変化って怖いですね。