サブカル系眼鏡男子の日常

断捨離系でもあります。

ピーターバラカン氏とBABY METALの件

こんなニュースを見た。news.livedoor.com

 

うーん。

ピーターバラカン氏とBABY METAL。どっちもそれなりに好きなMOJIです。

 

http://www.flickr.com/photos/93677815@N00/3415803290

photo by kai:bln

これも例の日本のバッシング問題の一つじゃないかと思う。

 

ラジオDJが「まがいもの」って酷評して何が悪いんだろう。有名人はほんとに言いたいことも言えない世の中になってきてますね。

反町隆史もこれを予言してたんでしょうか・・・。

 

アーティストのファンも理解されない人からのバッシングなんて気にしなければいいのに。どうせピーターバラカン氏の方が知名度少ないだろうから。

 

そもそもバッシングしなければいいじゃん!って思うかもしれないけど、それを言ってもしまうと、ほんと某国のような言論統制の国に近いよ。

 

むしろ国とか特定の組織が言論を統制してるんじゃなくて、一般市民が統制しあうってなんか怖い。

 

僕も音楽が好きだから、自分の好きなアーティストが批判されたら、そりゃあ多少ムッとはするけど、でもその人の好みというか多様性の一つだからしょうがないって思ってすぐに納得する。

 

なぜなら音楽の価値観はみんな違うから。

曲と歌詞を生楽器で伝えるシンガーソングライターのファンからしたら、

自動演奏させたり、口パクしたりするパフォーマンス重視のアイドルは「まがいもの」かもしれない。

それはシンガーソングライターファンが音楽を「歌詞とメロディで自分のメッセージを伝えるもの」という定義でとらえているから。

 

口パクしたり、パフォーマンス重視のアイドルファンからしたら、

自分の曲を持たず、人のレコードのプレイで客を呼ぶクラブのDJは「まがいもの」かもしれない。

これも音楽が「自分のパフォーマンス」か「ムードに合わせた音楽を選択する」かの違い。

 

そもそもクラシック音楽のファンからしたら、J-POPなんて、「クオリティと普遍性を追求しない垂れ流しの流行の子供だまし」っていう評価だろうし。

逆からすれば「時代遅れの古臭い高尚な趣味気取り」っていう評価だろう。

 

全部を好きってことは難しくて、どれかに偏ればどれかは認められないよ。普通は。

 

ロックアーティストは「ロック以外は糞だ。」って言ってもいいし。「某アイドルは糞だ」って言ってもいいでしょ。

 

多様性が認められないんだろうか。

そんなにバランスのとれた発言しか求められないなんてほんと怖いね。評論家なんて生きていけないよね。

少子化対策したいといいつつも「女性にはどんどん子供を産んでほしい」と言うと、問題発言だっていうことにもなりそうだし。

バッシング耐性がなくてすぐに自分のテリトリーを攻撃された、自分に対する批判だと捉えて、すぐに「問題発言!問題行動!」って騒ぎ立てる人たちにそろそろ名前つけてもいいんじゃないだろうか。

 

広告を非表示にする