サブカル系眼鏡男子の日常

断捨離、シンプルライフ、そして最近は仮想通貨がメイン

イギリスの国民投票のバイアス

イギリスの国民投票。衝撃受けました。

 

EU referendum  CONTRAST>>>

 

EUって長く続いてて、ヨーロッパにとっては理想的な形なんだろうなあと思ってたんですが。

 

ただ今回の結果は結果が全てなので、おかしいとは思いません。

 

日本ではなじみのない国民投票ですが、普段、統計とかで数字をいじってるとバイアスが気になってしょうがないです。本当の国民の意思はどうだったのか。と。

 

でもきっといろんな要素で結果が変わることはあっただろうなあ。と思います。

そもそもバイアスあるよね

「何かを変えようと思う人」と「何も変わらなくていいと思う人」

どちらが投票へ行く意思が高いか。

 

残留派議員の射殺を受けて

これも非常に悲しい事件でしたが、残留派が支持を上げてました。

 

「銃弾に屈してはいけないと思う人」と「同じ意思の人間が殺人をしたと思う人」

どっちが投票へ行く意思が高いか。

 

直前の残留派有利の報道を受けて

直前の報道では「残留派52%、離脱派48%」でした。

 

「結果を変えなければと思う人」と「投票結果が変わらなくてもいいと思う人」

どっちが投票へ行く意思が高いか。

 

 でも間違ってないよね

今のイギリス国民の本当の意思はどうだったんだろう。

気になってしょうがないです。

 

でも今の結果がどちらにせよ。離脱派がここまで増えたということは、いずれ実質的に過半数を超えていたでしょう。

 

それにバイアスのない投票なんて無理です。

 

すると結果は何年後かには同じなので、結果は変わりませんよね。

 

むしろ早く決断が下せてよかったのではないかと思います。