サブカル系眼鏡男子の日常

断捨離系でもあります。

ウォーキングデッド シーズン7 第5話のあらすじと感想

f:id:re_creation:20160725161806j:plain

ウォーキングデッド 第5話 「消せない憎しみ」

 

今回の舞台はヒルトップ。

第1話の惨劇以降、2人の遺体とともに医師に会うためにヒルトップへ向かったマギーとサシャ。

 

2人のその後が描かれてました。

 

ジーザスは恋人を失って傷心の2人を慰めてくれてます。医師も残っていいよと言ってくれてます。

 

ジーザスなんてイケメン。

何かしてくれる気持ちはありそうですが、グレゴリーには逆らえません。

 

そして、アレクサンドリアでは抵抗をあきらめて、服従を選んだリック。

アーロンたちと物資を探しに出かけていきます。

 

しかし、この世界ではなかなか物資が尽きませんね(笑)

もうウォーカーの世界にたって何年かは立っているというのに。

 

リックの考えが間違っているとは気づいていても表に出せず、リックの気持ちを理解しようとするミショーン。葛藤がありそうです。


しかし、カールはまだあきらめてないようです。
イーニッドもカールに同調してますが2人だけではどうしようもありませんよね。

そして、イーニッドに同行してヒルトップへ向かうカール。

 

 

スポンサードリンク

 

グレゴリーはリック達との取引で、救世者達を全滅させるという約束が結果的に守られなかったことを根に持ってるようですね。

 

マギー達は一晩泊めてもらえることになりましたが、翌日には出てけとグレゴリーに言われてしまいました。

 

そしてその夜、ヒルトップの扉が開いて町の中に火がつけられ、大音量の音楽がかけられた車が入り込んでます。

 

もちろん、音に誘われたウォーカーが流れ込んできてますが一体誰が!?

 

まあ救世主でしょうけど。

 

そして翌朝、救世主が大勢でやってきて、グレゴリーに詰めかけてました。

リックたちが物資を取りに来てたことを目撃されてしまっていたようです。
グレゴリーが密室に連れていかれました。

グレゴリーはマギーたちを救世主たちに引き渡そうとしましたが、ジーザスの機転で助かりました。

グレゴリーどうも信用なりませんね。
刺された時に助けてくれたことを恩には感じていないようです。

人の名前を覚えてすらいませんからね。

しかも、グレンの墓から時計を盗むなんて最低です。

 

ヒルトップから物資を回収した救世主達はトラックで去っていきました。

その去り際にトラックに乗り込んだジーザス。

しかしそこにはカールも乗り込んでました。

まじか。カールやりよるな!

 

ほんとシーズン3以降はリックよりもカールの方が常に正論を言ってる気がします。

リックも早く目覚めてくれ! 

 

サシャ、カール、ジーザスは確実に救世主に反撃するためのチャンスをつかもうとしてます。

 

アレクサンドリアでもあきらめていないのはロジータでしょうか。

 

リック達も反撃する気になってもらわないことには話になりません。

 

モーガン、キャロルのいる王国、リックのアレクサンドリア、マギー、サシャのヒルトップ。

 

 

広告を非表示にする