サブカル系眼鏡男子の日常

断捨離系でもあります。

シンプルライフのためのクレジットカード選び 覚醒編

Credit Cards and Cash

自分に合って、シンプルライフ、節約が可能なクレジットカードを選びたいMOJIです。

前回の迷走編では、 

お得なクレジットカードを選びたい。

→年会費無料なら損しない。

→カード入会特典でポイントゲットが美味しい

→サービスごとにお得なカードを使い分けたら最高

という流れで思考が変化してました。

 

re-creation.hatenablog.com

 

間違ってました

早速ですが、これまでの流れは完全に間違ってました。

確かに楽天のサービスには楽天カードを使ったり、ヤフー、Tポイントのサービスはヤフーカードを使うなど、そのサービス主体が発行しているカードを使用すれば、ポイント還元効率は最大になります。

 

一見お得です。しかし、当然ですがポイント管理が複雑化していきます。

 

カードなので、たくさん作っても場所は取らないんですが、ポイントの管理が大変です。

ポイントを最大効率で貯めても期限切れ等で無駄にしてしまっては意味がありません。

楽天カードのポイントは何ポイント、Tポイントは何ポイントと、常に把握しておかないといけなくなるのは大変です。

 

最終的な目標である「シンプルライフと節約」から遠ざかっていることに、ようやく間違いに気づきました。

既にクレジットカード3枚作った後でしたが。

 

そもそも「契約するとポイントがもらえる」「ポイント還元率が良い」ということはお得であることは間違いないです。

だけど、ポイントを貯めればそもそもの目的である「節約」を本当に達成できるのか?

だんだん疑問に感じてきました。

 

逆にポイントって危険じゃない?

最近よく期間限定ポイントプレゼントってよくありますけど、あれって単に購入を促進するキャンペーンですよね。

本当に節約になるんでしょうか?

 

絶対に必要な米や食品を買えば節約なんですが、多くの場合、ショッピングの割引ポイントとして使ってました。

4000円のモノを買うのに1000ポイント使ってお得みたいな。

確かにお得感はあります。

 

しかし、そのモノが本当に必要で買ったのであればいいんですが、本来必要ないのに、ポイントを消費するために買ったのであればむしろ3000円損してます。

 

それって結局50%オフのセールに行って、ついでに不要なモノまで買っちゃうのと同じです。

 

ポイントがあまり意識の前面に出すぎると、ポイントを使うための買い物をしてしまうため、逆効果だってことに気づきました。

実際に、最初はポイント還元されたらお得だし、節約にもなるだろうって思っていたのが、いつのまにかポイントを貯めることが目的になりかけてました。

クレジットカードの恐ろしさを少し知ったような気もします。

 

ポイント貯まるっていっても所詮数%ですよ。ポイント貯めるってのが先にきてしまうのは非常に危険です。 

節約のためのクレジットカードであることを忘れないことが非常に重要です。

 

ポイントのための買い物をしないために意識するべきこと

■年間たった1万円の利益しかないこと

1年間の通常通り生活してて、100万円をクレジットカード支払いに変えたとして、たった1万円しか利益はないんです。(還元率1%の場合)

 

月あたりにして1000円もないわけです。

 

つまり、1年間ポイントためるための努力がたった1回の1万円の衝動買いで吹き飛んでしまうんです。

ましてポイント目当てで高額な商品を購入してしまうと一発で吹き飛んでしまうです。

ポイント還元がいいからと言って買い物する余裕なんてないってことです。

ポイントに惹かれて買い物したら、即赤字確定です。

 

あくまで絶対買うべきものにクレジットカードを使ってこそ、ポイント還元のメリットがあるんです。

 

■ポイントの使い道

いくら還元率が良いといっても、Tポイントで還元された場合、現金化はできません。

Tポイントの提携のお店で利用できます。

ヤフーショッピング等で生活に必要なモノを買えば確かに損はしません。
しかし、本来必要なかったものを、「ポイントが余ってるし、期限迫ってるから何か買っておかないと」という心境になってしまうと結局あってもなくてもいいものを買ってしまいがちです。

これは断捨離の観点からも防ぎたいところです。

 

■生活費の大半はサービス外であること

Amazon、ヤフー、楽天リクルート等のネットサービスは確かに便利です。

しかし、家計簿で月々の生活費を振り返ってみると、Amazonで買うものってごくわずかです。

しかもどちらかといえば生活必需品ではないものです。Amazonで買えば買うほどポイントが貯まって得だと思っていると、必要以上にショッピングしてしまう可能性があるんです。

どのクレジットカードを作るにしても、実生活でクレジットカードの使用の大半を占めるのは、普段の買い物や食事などになるので、サービス対象外です。

ポイントは1%しか還元されません。使えば使うほどお得なんてことはありません。

 

絶対に支払いが必要な家賃や公共料金等にクレジットカード支払いをあてるべきです。 

 

まとめ

シンプルライフ、節約に有効なクレジットカードとしては、下記2点を満たすことが必要だってことに気づきました。

・普段の生活にお得なカードを選ばなければ意味がない。

・期間限定ポイントがたまると逆に浪費につながる。

・ポイント還元率のアップも浪費につながる。

これらを満たすカードを探してみることにしました。