読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

サブカル系眼鏡男子の日常

断捨離系でもあります。

セルフメディケーション税制が始まったらしい件

LIFE

a million little pills...

セルフメディケーション税制という税制が今月から始まったそうです。

 

セルフメディケーションってマツモトキヨシのCMとかで聞きなれた言葉ですが、ようするに病院じゃなくて薬局で病気に対応するってことですよね。

 

どうゆう税制かというと、年間1万2千円を上回る医薬品の購入金額が所得税の控除になり、税金が帰ってくるそうです。

たとえば年収400万円(所得税率20%、住民税率10%)

 

もし年間2万円の医薬品の購入がある場合、8000円分が所得控除されるので、8000円にかかる所得税分が得になるってことですよね。

実際どの程度かっていうと、8000円控除されることで、所得税1600円、個人住民税800円得するってことです。

月に2万円も薬に使っておいて、2400円得じゃああまり割に合わないような気もします。

 

もし年間4万円の場合は、28000円が控除対象となるので、所得税5600円、住民税2800円得するってことになりますね。

 

年間4万円ってちょっと不健康すぎる気がします。

 

f:id:re_creation:20170118001152p:plain

しかも、何の医薬品でもいいかというとそうではなくて特定のマークがついている製品である必要があります。

現時点で1500品目あるそうです。

 

厚生労働省指定の成分が薬に入っていることが条件のようです。

 

安易に病院に行かずに、薬で対応することで医療費が削減される狙いがあるみたいですね。

 

ただ確定申告が必要なようですね。

これはちょっとハードルが高いですね。特定の製品を購入したというレシートも必要なようですし。

 

月あたり1000円以上の市販薬を購入している方は制度の利用を考えてもいいのかもしれませんが、ちょっと手間の割にメリット薄い気がします。

 

ふるさと納税のワンストップ特例制度みたいに簡略化できるシステムが追加されるといいんですけどねー。

 

特定医薬品のレシートを集めて不当に利益を得ようとする人とかが現れて、レシートが売買されるとか変に悪用されないといいですけどね。

 

現時点では指定の薬品の購入をしてみて、年間の金額がどの程度になるのか確認はやってみたいと思います。