ミニマリスト系眼鏡男子の日常

外資系に勤務する30代男がキャッシュレスで、ITをフル活用したミニマリストを目指す日々を綴ります。

コスパ重視でBeatasのスーツケースBH-F1000を買ってみた

Lost

年に1回くらい海外旅行してる海外旅行好きなMOJIです。

スーツケースってどんなのを買うか迷いますよね。

 

大事なモノを守るケースだし、せっかくならいいモノを買いたいって思う反面、消耗品ですぐ傷がつくからあまり高いモノを買ってもなあと言う気持ちもあります。

 

すぐに傷だらけになってしまうという点からは、「コスパ」「品質」を重要視するようになりました。

 

スーツケースを使うような海外旅行や国内旅行は年に1回程度しかしないので、10年使ってもたった10回しか使わないんですよね。

 

5万円のスーツケースだと1回あたりは5000円。

しかし1万円のスーツケースなら1回あたり1000円で済みます。

 

運が悪ければ数回で高級スーツケースが壊れることもあれば、安いスーツケースでも何十年持つこともあるでしょう。

 

10年経つと新しい技術ができていたり、より軽量なモノが出てたりしますからね。

 

5万円のスーツケースを10年持たせるより、1万円のスーツケースを5年ごとに買い替える方が25年持つことになりますからね。

 

あとは高級なキャリーケースを持ってると、「私はお金を持っています」というアピールになってしまうので、治安の悪い国では少し不安ですよね。

 

かといって、安いモノは品質が心配です。

使いにくい、重たい、壊れやすいとかでは不安です。

 

ネットでの評判をいろいろ見た結果 Beatas(ビータス)というメーカーのBH-F1000という商品が気になったので、購入してみました。

Griffin Land(グリフィンランド)とも迷ったのですが、ハンドルの部分の質がBeatasの方が良いというとで、決めました。

 

f:id:re_creation:20180401154210j:plain

品質も海外で日本メーカーによる検品をしているようで信頼ができそうですし、ネットでレビューを見ても、壊れにくいとのことでした。

あとは修理1年保証がついてくるということだったので、もし壊れても修理すればいいかな。

 

デザインは表面ツルツルの光沢あるタイプと、表面にエンボス加工があり、傷のつきにくいタイプの2種類がありましたが、傷のつきにくさを重視してエンボスタイプに決定。

 

送料込みで70Lのフレームタイプのスーツケースが11000円で購入できるのはかなりお値打ちですよね。デザインもシンプルで悪くないです。

f:id:re_creation:20180307212104j:plain

非常に大きな箱で届きました。送料無料なのも嬉しいですね。

 

f:id:re_creation:20180307212415j:plain

うん。思ったより濃いグレーでしたが、デザインは写真通りで悪くないです。

 

f:id:re_creation:20180307212459j:plain

中を開けてみると内装は黒色です。落ち着いていて良いですね。

他メーカーでは青色とか、ベージュとかもあったんですが、黒が良いですね。

右側にハンガーも1個ついてました。

 

f:id:re_creation:20180307212522j:plain

これ両方ともメッシュで透けるんです。

開けたときに、荷物がどこにあるのか一目でわかってよいですね。

f:id:re_creation:20180307215258j:plain

角もプロテクターで守られていて、キャリーバーの動作もスムーズでした。

何より頑丈です。

ジッパータイプのものよりフレームタイプの方が信頼性が高いですね。

 

ただ荷物の視認性を上げるためにもっと派手な色でもよかったかなあとは思いました。

空港でもすぐわかりますしね。

でも期待以上の品質だったので、かなり満足です。

エンボスタイプは表面にシールがはがれやすいので、ステッカーで装飾したいって人には少し向かないので注意してくださいね。