ミニマリスト系眼鏡男子の日常

30代男がITをフル活用したキャッシュレスなミニマリストを目指します。

収納はとことんコストを抑えてみた

f:id:re_creation:20171014125920j:plain

こんばんわ。

 

ミニマリストを目指すMOJIです。

 

シンプルな部屋を目指す上で収納用品ってゴチャゴチャしてるものを隠してくれるので、一見便利なように思えます。

 

しかし、ただモノを隠して分類しただけなんですよね。

 

それだけじゃなくて、隠して分類しただけなのに、なぜか満足感もあるのがやっかいです。

 

なので書類の断捨離と同時に収納用品を処分しました。

 

今回は処分した収納用品3点を紹介します。

 

プライベートでもパンフレットや保存版の資料などありますが、

分類して収納してしまうとキリがありません。

 

最初から入れないのが一番です。

 

1.ハガキケース

この無印のハガキケース。

f:id:re_creation:20180609105634j:plain

年賀状や友達からもらった大事なお知らせのハガキなどを入れてました。

 

なかなか満杯にはならないので、10年分くらいたまってました。

でも振り返ってみることなんてなかったです。

 

なので全部スキャンだけして捨てました。

 

2.書類用の引き出しケース

f:id:re_creation:20180610205846j:plain

使ってた時には上段はプライベート、中段は仕事、下段は公的な書類などって分類してました。

 

しかし、分類して貯めていくと書類が増えていく。

 

知らない間にどんどん増えてました。

 

3.ファイルボックス

f:id:re_creation:20180604211015j:plain

そして無印のファイルボックス。

 

雑誌やカタログなどを立てておくのにちょうど良い。

 

郵便物なども一旦入れる場所として使ってました。

 

しかし、これもどんどん場所をとっていくので、ファイルボックスごと処分しました。

 

収納用具に収まった書類達って大掃除まで守られてしまいます。

 

なかなか手を出せない聖域のようなもんです。

 

なので、「とことん減らしたうえで、ひとまとめ。」がベストですね。

 

 

 

あと収納自体もどんどん減らせるように、いつでも捨てられるものにしています。

 

僕はSeriaの紙製のボックスを使ってます。

 

これなら大きさも程よいし、モノを減らしきったときに収納ごと捨てることができますからね。

 

Plenty Boxおすすめです。

f:id:re_creation:20180603122008j:plain

 

全部で4箱あります。

f:id:re_creation:20180603122235j:plain

書類と本で1箱。

海外旅行などの思い出の品で1箱。

カメラ関係で1箱。

だいじなもので1箱です。

 

近々、思い出の品とだいじなものをまとめて1箱くらいにしてしまいたいなあと思ってます。