ミニマリスト系眼鏡男子の日常

30代男がITをフル活用したキャッシュレスなミニマリストを目指します。

Flickrの改悪1TB→1000枚が恐ろしすぎた件

f:id:re_creation:20181113215658j:plain

 

 

Flickr愛用してたMOJIです。

 

今回のニュースを聞いてめちゃめちゃショックを受けました。

 

internet.watch.impress.co.jp

 

Flickrと言えば無料で1TBまでの写真、動画がアップロードできるストレージ代わりとしてとても便利でした。

 

しかし、今回の改訂で保存件数1000点までに変更になるようです。

 

僕も写真のバックアップとして使用していました。

ブログの写真のリンクも使えるので非常に便利でした。

今回の改悪で辞める人多そうですね。

 

1TBだと10MBの写真であれば100,000枚入る計算です。

 

それが1000枚までっていうことは実質100分の1ってことですからね。

 

歴史的な大改悪でしょう。

 

Flickrとしては写真ストレージとしてよりも、レベルの高い写真の集まるコミュニティにしたいようですね。

 

そして今回のことで2つ決意したことがあります。

 

1つ目はFlickrから撤退することです。

1000枚以下ではバックアップ用途としては機能しないので、すべてダウンロードしてDropboxに保存します。

しかしこの作業が思ったより大変そうです。25000枚の写真をアップロードしてるので、ほとんどの写真をダウンロードしないといけません。

 

しかし、公式サイトから1回あたりダウンロード可能なのが500枚以下。

 

気の遠くなる作業が必要ですよ。これ。

 

そして2つ目は二度とGoogle PhotoやPrime Photoなどの写真クラウドストレージを信用しないことです。

 

なぜならいつサービス停止するかわからないから。

そして撤退するときにめちゃめちゃ手間がかかるから。

 

その点、フォルダ形式のDropboxやGoogle Driveであれば撤退するとき、サービスを停止するときもドラッグ&ドロップやコピペで移行可能です。

 

ネット上のサービスっていろいろ便利になってますけど、たくさんのサービスを利用すればするほど、サービス中止の時のリスクも抱えているってことはこれからの良い教訓になりましたよ。

 

サービスの抜けやすさでサービスを選ぶことも大事だなと思いました。