サブカル系眼鏡男子の日常

断捨離、シンプルライフ、ミニマリスト、仮想通貨、そして最近はキャッシュレスなど

Kyashリアルカードが届いたのでまとめてみる

6/7から申し込みが始まった2%の高還元で話題のKyashリアルカード。

f:id:re_creation:20180617023625j:image

東京在住の人は翌日には届いたようですが、僕に届いたのは4日後の6/11でした。

 

Kyashリアルカードをアプリに登録してみた

早速Kyashアプリに登録して普通のお店でプリペイドカードとして使える様にしてみました。

 

・Kyashアプリダウンロード&立ち上げ

・Kyashアカウント作成

f:id:re_creation:20180617023244j:image

・リアルカードの番号入力

f:id:re_creation:20180617025554j:image

・本人確認の携帯番号&SMS認証

 

・紐づけするクレジットカード番号(VISA /Mastercard)

f:id:re_creation:20180617025600p:image

で使えるようになります。

f:id:re_creation:20180617023152j:image

めちゃめちゃ簡単です。

 

クレジットカードの紐づけは1日1枚のカードまでしかできないようですが、基本的に一番使い勝手の良いカードを登録すると思うので、僕は1枚しか登録していないので、特に影響は受けてません。

 

応募殺到で届くまで時間がかかる 

現在リアルカードの発行に応募が殺到しているっぽいですね。

 

7日のお昼には1週間後頃のお届けとのメールの回答がありましたが、それが7日の夜には既に1か月後のお届けという記述に変わっていたようです。

 

そして8日以降に申し込んだ人どころか、7日夕方以降に申し込んだ人にすらまだ届いてない様子です。

 

届くまで時間がかかるっていうのは、コンビニで買えたLINE Payとは状況が違ってますね。

 

実際に使ってみた

リアルカードを早速お店で使ってみました。

しかし、このKyashリアルカードは通常のクレジットカードよりも少し薄かったLINE Payカードよりもさらに薄い。というか柔らかい。

 

というか持ってるカードの中で一番柔らかい。そして表面はツルツルしてるので少し安っぽい。

 

見た目的にはプレミア感はないです。

そこそこ仲の良い店員さんのいるお店で使ったところ、「初めて見かけるデザイン」ということと「なんか薄い」って言われました(笑)

 

そしてスマホへの通知ですが、LINE Payカードって店員さんはカードをスキャンするのとほぼ同時にアプリに通知がきてました。

このKyashリアルカードでは 3秒後に通知が来ます。

ほんの少し遅い感じです。全く問題はないですね。

 

Amazonでも使ってみましたが、なぜかこちらは4時間後に通知がきました。

 

他にもLINE Payカードとの違いに気付いたことがあります。

残高が0でも使えます

これはクレジットカードに紐づけている場合、残高が0でも使用可能です。

f:id:re_creation:20180617024328j:image

自動チャージで使った分だけクレジットカードから落とされます。(当然決済可能額の3万円の制約はありますが)

 

なので、他の人から送金を受けるか、銀行、コンビニチャージをしない限り、残高は0のままです。

 

これは都度チャージしなくても良いという意味では楽ですが、不正利用されてしまった時に額で制限されないというデメリットも併せ持ってるような気がします。

 

カードの一時ロックができる

KyashアプリにはLINE Payカードにはなかったカードの一時ロック機能があります。

f:id:re_creation:20180617024512j:image

カードの画面をクリックすると一番下に一時ロックのスイッチがありますので、これをオフにしておけば不正利用されることはなさそうです。

ただ自分が使う時にオフだと使えないということはありますが、セキュリティ的にはかなりポイント高いような気もします。

 

リアルカードなしでも高還元決済は可能

「Kyashのリアルカードが届かないから使えない」「しばらく届かなそうだから申し込む気すら起きない」って人はまずアプリをインストールしてバーチャルカードを作ってみるのもアリです。

f:id:re_creation:20180617025630p:image

Amazonやネット通販での購入などにはバーチャルカードを使うことができます。

 

氏名には氏名ではなく、KYASH MEMBERと入力すれば普通に使えます。

リアルカードが届いた時点でリアルカードの番号に切り替える手続きをするだけなので、特にデメリットもありません。

 

月間使用額が見やすい位置に表示される

f:id:re_creation:20180617024106j:image

月間12万円という利用制限額があるのもありますが、使い過ぎの防止にもこれは何気に嬉しいです。

クレジットカードはどんどん使って欲しいので、利用額を最初に見えるところに表示はしてこないですからね。

アプリを立ち上げるだけで当月の利用額が見やすい位置に表示されます。

 

LINE Payと比べてどう?

カードデザインは少し安っぽい

ツヤツヤでペラペラなので傷は目立ちそうです。

100万円使ったら番号を変えるみたいなので、まあ問題はなさそうです。

 

事前チャージしなくても良いのは楽

買い物の前にチャージする手間がないのと残高の確認をいちいちしなくても良いのは楽です。

もしKyashが急に改悪されたとしても残高の消費に困ることもありません。

(LINE Payのレッドで0.5%になってしまって残高を残している身としては。)

クレジットポイント分はお得

銀行チャージしかできなかったLINE Payと比べて、クレジット紐づけなので、クレジットカードのポイントが付く分嬉しいですね。

 

クレヒスにも残りますし。

 

ただすべてのクレジットのポイントがほんとに付くのかはわかりません。

でも2%還元ならそれでも良いです。

制限額は気にならない

1日3万、1カ月12万円の金額制限ですが、一人暮らしで普通に使う分には制限を超えることもないので、問題なさそうです。

 

3万円を超える買い物が急に必要になるってことはそうそうないですからね。

 

年に1カ月や2か月はあるかもしれませんが、そしたら手間ですが別のクレジットカードに入れ替えればいいだけなので、特に問題はありません。

 

おすすめのカードです

唯一気になるのはセキュリティですが、一時ロックと組みあわせれば特に問題ないんじゃないでしょうか。

2%還元という還元率が続く限りはメリットあるんじゃないでしょうか。

是非使う人が増えて送金ができる環境になることを願います。

 

LINE Payにも普及して欲しかったんですけどねー!