サブカル系眼鏡男子の日常

断捨離系でもあります。

Kindle Paperwhite(2012)にアップデートが来た件

 

いつものようにKindle Paperwhiteを手に取ると何やら「アップデート中」の文字が。

何かセキュリティや不具合修正のソフトウェア更新かと思ってたんですが、予想をいい意味で裏切ってくれましたよ。Amazonさんさすがですね。更新内容は以下の通りです。

 今回のアップデート内容は

1.パフォーマンス向上

2.フォント追加

 筑紫明朝フォントの追加

3.単語帳の追加

 読書中に辞書で調べた単語が自動的に単語帳のリストに追加されます。

4.Kindle Page Flip

 Flip機能で今読んでいるページを離れることなく、他のページのプレビューを見ることができます。

5.脚注ポップアップ

 脚注の全文を今読んでいるページから移動することなくポップアップで表示することができます。

6.クラウドコレクション

 ライブラリの本が増えてきたら、クラウドコレクションを作成して自由に分類することができます。クラウドコレクションは他のKindleアプリKindle端末からアクセスすることができます。

 

 

フォントの追加が正直一番嬉しいです。既に2013年版Kindle Paperwhiteには実装されている機能ですが、まさか旧型のKindleに来るとは思っていませんでした。

新型のKindleレビューを見て、正直一番うらやんでた部分です。文字通常の明朝体よりも線が細くて目に優しい印象です。

f:id:re_creation:20140523194818p:plainf:id:re_creation:20140523194819p:plain

左側が通常の明朝体、右側が筑紫明朝です。少し文字がやさしくなってます。

 

2014年版が出たらすぐに、買い替えようと思っていましたが、今回のことでしばらく使い続けてもいいなと思い直しました。動きもサクサクになったので、大変満足です。

 

ユーザーを長期的に大切にする姿勢はAppleと共通してますね。