読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

サブカル系眼鏡男子の日常

断捨離系でもあります。

Kindle Unlimitedを辞めることにした3つの理由

Kindle 読書

kindle unlimited スタート

はじめに

この1か月、Kindle Unlimitedの無料体験をしてました。

読んだ本としては半分は雑誌、半分はビジネス本等を読んでました。

 

タイトルからしてネガティブな記事と捉えられると誤解があるのですが、

Kindle Unlimitedは月々980円とすると、間違いなくお得なサービスです。

 

本を定期的に読む人、雑誌を読む人にとってはオトクなサービスでしょう。

僕も長期休みなど、自由な時間がある時にはまた契約したいなと思ってます。

 

1.読みたい本のほとんどがカバーされているわけではない

Kindle Unlimited対象の本は確かに多いです。

単価が980円を超えている本もあるため、1冊読むだけで元を取れる本も多々あります。

しかし、読みたい本がKindle Unlimited対象でない場合も多い。

その場合はきっちり本の代金を払わないといけないんですよね。

今回使ってみましたが、読みたい本がカバーされているわけではありませんでした。

 

これがもし僕が「株取引を勉強できる本」が読みたいとかで、読む本の種類に選択肢があれば、読み放題の本から選ぶということもできるので、いいんですけどね。

 

 

2.一冊一冊丁寧に読みたい

対価を払うからこそ大切に読む。

 

これって食べ放題とかにも通じますが、放題とか格安だと1個1個の扱いが雑になってしまうんですよね。たしかにそうゆうザッピングのようなスタイルもありかとは思うんですが、僕はできれば1冊1冊大切に読むからこそ満足感があると思ってます。

 

図書館をあまり利用していないのも、同様の理由なんですが、無料だと「読まなければいけない!」っていうモチベーションと集中力が弱くなってしまうんですよね。

 

Amazonプライムビデオも見放題なので、モチベーションと集中力が下がるんですが、それは部屋を暗くしたり、準備をすることでカバー可能です。

 

しかし、本だとしっかり最後まで読み切る集中力が必要です。

読み放題だとなかなか集中力をキープできないんですよね。

 

3.時間を自由に使いたい

雑誌は定期的に読むので、いつでも読み放題ならうれしいんですが、雑誌って基本空き時間に読むもので、「一定量の雑誌を読まないと損する」っていう感覚で読むものじゃないかなあと。

 

re-creation.hatenablog.com

 

ゲームアプリを辞める理由と同じなんですが、基本自由な状態でいたい。

Amazonプライムビデオは同様に見放題ですが、huluやNETFLIXと違って、あくまでプライム会員への課金なので、送料無料の年契約の意味合いがあるため、ビデオをそれほど見ない時期があっても損だとは感じないし、「見ないと損」っていう感覚もないです。

 

何かしなければっていう感覚から逃れたいのがあるので、読まないと損っていう状態にはしたくないんです。

元を取るために、あえて空き時間に雑誌を見たくない。

それに僕の読書欲ってムラがあるので、読みたいときと必要ない時期があるので、今の読書欲からすると必要ないかな。

 

まとめ

Kindle Unlimitedは魅力的なサービスですが、今の僕にとっては今常時契約しておくものではないかなあという印象です。

また時間ができたり、Kindle Unlimited対象の本を複数読みたいっていうタイミングがあれば一時的に課金するのはコスパ的にアリだと思ってます。

現在競争が激しいサービスなので、どんどん魅力的になることを楽しみにしています。