サブカル系眼鏡男子の日常

断捨離、シンプルライフ、そして最近は仮想通貨がメイン

2016年はミラーレス一眼の歴史的な年だったのかも

2016年を振り返ってみると、やたら各社が新機種を発売していて、物欲が刺激されたなという印象があります。

FUJIFILM X-Pro2

2016年に発売されたミラーレス一眼のカメラをまとめてみました。ハイエンドの上位機種のみに限定しています。

よく考えたら多すぎません?しかもフラッグシップばかり。

ソニーのα7シリーズがないくらいでしょうか。パナソニックのGH5も2016年に発表されて動画性能で注目されてますから、含めてもいいくらいですね。

 

富士フイルムオリンパスなんて、レンジファインダースタイルと、一眼の両フラッグシップを出してきてます。

 

X-Pro1が2012年、X-T1が2014年ということを考えるとたまたま2016年に競争が激しくなってるんですね。

 

そして価格.comでのPRODUCT AWARD大賞を受賞したのが、X-Pro2とXF35mm F2、X70でした。

ミラーレスの高シェアのオリンパス、キャノン、ソニーを差し置いてはすごいと思います。

ペンタックスも初となるフルサイズ一眼レフカメラK-1をリリースして、好評なようでしたし、ライバルも多かったと思うのでとても意外でした。

 

オリンパスのOM-D E-M1 MarkⅡも大変評判が良さそうなので、もっと発売が早かったら、違ってたかなあとは思いますが。

 

しかし、E-M1 MarkⅡは価格からしても20万を超えているので、もはや比べるのがミラーレスのハイエンドではなくなってきてる気もします。

 

というか全体的にミラーレスも高級化してません?

 

お財布が悲鳴あげてしまうので、安くてお得なレンズが出て欲しいなあと思うこの頃です。