読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

サブカル系眼鏡男子の日常

断捨離系でもあります。

Evernoteで書類の断捨離

LIFE
f:id:re_creation:20140114225935j:plain

なぜ書類の山が生まれるのか

断捨離をして、モノを捨てていくことで部屋はキレイになりますが、書類って非常に捨てづらいです。

服や本はひとつひとつを片付けていくと、徐々に片付いていきますが、書類は1枚くらい減らしてもたいして効果がないため、放置気味ではないでしょうか?

しかし、その考え方で書類を残していくとどうなるかはご存知のはずです。

書類の山を生みだします。

 

 

情報のみに価値がある

溜まって行く書類のうち、紙として価値のあるものは

・証書として紙としての価値があるもの

以外は必要ありません。

 

それ以外は「書いてある情報」に価値があるんです。

しかもその書類にある情報全体が必要なのではなく、ほんの数行の情報が必要なだけの場合も多いです。他の手段で入手可能な情報って不必要ですよね。

紙じゃなくて情報だけあれば十分なはずです。

 

「捨ててしまって万が一必要な時が出てきたらどうしよう」と思うのですが、それこそ断捨離思考の敵ですね。

捨てずに押入れの中のダンボールの奥に入れて、その「万が一必要な時」が来たとしても書類の山から探そうとしても大変なのですから、そんな情報は意味がありません。

ここで役に立つのがクラウドメモアプリEvernoteです。

紙の状態で保管しておくよりも

・いつでもどこでも見れる

・キーワードで検索可能

・場所を取らない

といいことずくめです。

 

まずは

ゴミ箱行きのものをひとまず捨てましょう。

次に保存すべき書類をカテゴリーごとに分類する必要があります。

1.紙として価値があるもの

  (ex:証書)

2.ログインID、パスワード等のメモしてある紙

  (ex:プロバイダからの書類、病院の電話予約方法の書いてある紙)

3.思い出のある書類

  (ex:チケットの半券、旅行でもらった紙、年賀状)

 

 そのうち1だけは紙としてとっておかないといけません。

2,3は情報が検索できるようにノートにタイトルをつけてEvernoteに保存します。ドキュメントリーダーを使います。

タイトルに「○○内科医院 電話予約方法」

とでも入れて電話予約方法の紙を写真で撮っておきます。

そうすればそんな紙は不要です。

どんどん捨てていきましょう!

 

書類以外の断捨離についてはこちら。

断捨離のススメ - ブロガーを目指す30代Bonのブログ

 

 

EVERNOTE HACK

EVERNOTE HACK

 

  

MOLESKINE モレスキン Evernote スマートノートブック スクエアード(方眼) / ポケット

MOLESKINE モレスキン Evernote スマートノートブック スクエアード(方眼) / ポケット