読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

サブカル系眼鏡男子の日常

断捨離系でもあります。

アンダー・ザ・ドームのシーズン1前半だけが面白い件

テレビ Amazon

Amazonプライムで何か面白いドラマないかなあと思って、見てると「アンダー・ザ・ドーム」というドラマが気になり、チェックしてみました。

 

 f:id:re_creation:20170218222333j:image

 

ドラマのあらすじは

メイン州のチェスターズ・ミルは、何の変哲もなくさしたる産業もない、財政破綻寸前の寂れた田舎町。街の外で大きなイベントがあり、警官の多くや町長が出払っていたある日の午後、街は突如謎の透明なドームに覆われ、外界から完全に隔離されてしまう。ドーム周辺ではあちこちで事故が多発し多くの死傷者が出る。ドーム内に残された人々は過酷な状況から次第に闇を暴かれていく。

 

ウォーキングデッドともまた微妙に違って、SFの要素が強い点に興味が惹かれました。

誰が何のためにドームを作ったのか。残された人々はどのように生き残っていくのか。

 

しかも、原作はスティーブンキングとなると人々の様子がリアルに描かれそうで、最後の落ちも期待できそうで、俄然興味がわいてきました。

 

そこで2日間ぶっ通しでシーズン1とシーズン2の2話目まで観ちゃいました。

 

感想

シーズン1前半

1話目から7話目までは間違いなく面白いです。

特に透明な壁のできるシーンは秀逸です。境界にいた人達はどうなったのか。家や建設物はどうなったのかが丁寧に描かれてます。誰が見ても楽しめると思います。

 

当然水や食料、医薬品などの物資も限られてきます。

 

ただウォーキングデッドと違って外には普通の社会があるし、外は透明なので、丸見えな状態です。

 

逃げ出すことはできません。特にゾンビなどの敵などもいないため、過剰におびえる必要もないですが、助け合っていく必要があります。

 

分断された家族もおり、外と内でのコミニュケーションをどうとっていくのか。期待が持てました。

 

シーズン1後半

ただ問題はシーズン1後半です。ネタバレを含むので注意してください。

8話目から新登場のキャラが現れます。あれ?ドームって閉鎖空間なんだけど。

 

しかも、主人公たちの様子をずっと見ていたようです。

 

その時点で「あんた閉鎖空間の中のどこにいてこれまでずっと監視してたんだ?」と疑問を感じました。

 

また、そのあたりからサバイバルとか物資不足とかそっちのけで殺人ゲームになってきます。

 

シーズン1には悪役のボスキャラと正義感にあふれる女性警官が登場します。

最初は古くからの顔見知りで仲の良い2人が敵対するかと思いきや、悪役の言うことを素直に聞きっぱなしの女性警官。

 

悪役の過去の悪行を告白されておきながら、全く疑いを持ちません。

 

葛藤を感じさせる描写もありません。

 

そしてシーズン1中盤で物資不足から暴動を起こしてた民衆も、なぜか後半ではおとなしくなってます。

悪役のボスキャラのいうことを素直に聞いて、主人公たちを追い詰めようとします。

 

それにドームの壁に近づくと機械は爆発しちゃうはずなんですが、警官の恋人は余裕でタブレット持ち込んでます。

 

人間の描写に違和感を感じたのは、ドーム内だけじゃなく、ドーム外の人間の動きについてもです。

 

ドーム内の人々を救出しようとする素振りが全くありません。

音も全く通じないので音は通じられないんですが、中の情報を確認しようとメッセージを送る気配すらありません。なぜか中の人との接触を全く試みません。

 

壁が直ちに危険なものではないとは把握しているようですが、その次にとった手段が、中の人もろとも壁を破壊するミサイルを撃ち込むという手段。

 

しかも壁ができてから数日です。

 

そこまでやるって意味がわかりません。もうちょっと段階があるでしょうし、今の時代反対する人も当然現れるでしょう。中に家族のいる人たちはもちろん反対するでしょうし。

そんな描写は一切なしです。

 

ミサイル爆破後、結局壁は壊れないわけですが、家族は一切現れません(笑)

こっそりと政府が監視するだけで一切何もコンタクトがないんです。

 

壁の外側では日常が続いているはずなのに、壁の外には全く人が来ないのも不自然です。

 

シーズン2で壁の外の人もドームの中に関心を持っているという描写があるんですが、その気配は全くないんです。

 

1番ショックだったのはシーズン1での悪役の殺人鬼がシーズン2ではなぜか許されてしまい、普通に生活していること。

しかもリーダーとして(笑)

シーズン1で明らかな嘘をつきまくる殺人鬼を誰も疑うことなく信じてるのも、なんかなあって思っちゃいました。

 

シーズン2の最初に新しく警官になる人もラジオ局のDJやってた人って。しかもギャンブルで借金してた過去が明らかになってるのに。

 

なぜそんな人に警官やらすの!っていうツッコミを入れたくなりました。

 

なんか登場人物の行動と心情が現実離れしてて、なんか冷めてしまいました。

 

その点ウォーキングデッドとかゲームオブスローンズは全シーズン通して、それぞれのキャラクターと葛藤をうまく描けてるなあって思います。

 

あとSFかと思わせておいて、後半はだんだんとファンタジーに変わっていくのにも悪い意味で期待が裏切られてしまいました。

 

アンダー・ザ・ドーム シーズン3までしか続かなかったのも納得です。

 

Amazonプライム会員の方は無料で見られるので暇つぶしには良いかと思います。

 

シーズン1の第1話とかは最高ですよ!

マネーフォワードが便利すぎて怖い

節約

f:id:re_creation:20170218052236p:plain

CMでもよく目にするようになってきたマネーフォワード。

 

資産管理アプリなんですね。てっきり家計簿アプリなのかと思ってました。

 

銀行口座やクレジットカードと紐づけておくと自動的に情報を取得して、残高、使用履歴を記録してくれます。

 

簡単に言うと明細をつけなくてもいい家計簿

 

以前僕は資産管理アプリを使ってたけど挫折してしまったことがあります。その時に使っていたのはiComptaというアプリ。

 

MacでもiPhoneでもiPadでもアクセスできるクラウドなアプリということで、便利だったんですが、なんせ全ての履歴を手動で入力しないといけない。

 

やる気に満ち溢れていた頃はすべての入出金を記録できるんですが、仕事が忙しくなってレシートが貯まってしまったり、旅行や野外フェスなどで出金が細かく多岐に渡るイベントがあったりすると、記録が落ち着かなくなってしまうんですよね。

 

1.家計簿をつけようと決心する

     ↓

2.入力を数か月目に挫折する

     ↓

3.家計簿アプリを開かなくなる

 

というループを何度繰り返したことか。

 

今はZaimで家計簿をつけてて、レシートの自動登録があって手間が省けていることと極力無駄遣いをなくしたことで買い物頻度が落ちたことで、なんとか継続できています。それでも、レシートが貯まるとちょっと嫌になります。

 

家計簿アプリの目的って

・家計の入出金(明細)を正確に管理、分析して貯蓄をすること

・貯蓄実績を確認してさらにモチベーションを上げること

だと思うんですが、実際は

・家計の入出金を正確に入力すること

だけで手いっぱいになっちゃうんです。

 

マネーフォワードのいいところ

・登録しておいた銀行口座、カードの使用履歴を自動的に分類しておいてくれるところ

・Amazon、楽天などとも連携できる

 

本当に自動登録って素敵。

 

何も入力しなくても、自分の持っている口座にいくら振り込まれて、いくら引き落とされたのか。

 

たくさんの銀行口座を持っている人に、めちゃめちゃおすすめです。

僕の場合、

・給料振込み用

・生活費用

・貯蓄、定期用

・クレジットカード引き落とし用

と4つに分けてますが、全部登録したらほんとにお金の動きが簡単に見えます。

「クレジットカード引き落とし用口座に今いくら入ってたっけ?」

と残高を忘れてしまい、引き落としの時期にクレジットカード会社から残高不足の通知がきたりしてましたが、マネーフォワードを使えばそんなことはなくなりそうです。

 

口座の自動登録で、クレジットカード支払いがメインだったら、ほんとにレシート入力すらしなくていいレベルです。

 

そして自動的に資産合計がわかるので、モチベーションも上げやすい。

 

ただ口座を記録しておくだけでいい。

 

ATMでの入出金、給与の振り込みをいちいち明細から入力することなく金額がわかります。

 

マネーフォワードの不安なところ

ちょっと心配なのはインターネットバンキングのIDとパスワードをアプリに入力しないといけないのでセキュリティが心配という面でしょうか。

ちゃんとした会社ですし、大丈夫だとは思いますが。

寒い夜にオススメのホットドリンク3種

飲み物

冬の夜寒い時に心温まるのが温かいドリンクですよね。

E129

 

自動販売機でも、ホットコーヒーや紅茶、おしるこにコーンスープなどホットドリンクのラインナップが増えて楽しみな季節でもあります。

 

夜に飲むのにおすすめなドリンクを紹介します。

 

どんな飲み物がいいのか

冬であたたまるとなるとスープというのも美味しくていいですね。

しかし、カロリーも塩分もあります。

 

コーヒーや紅茶も美味しいので飲みたいとこですが、カフェインを寝る前に摂取するのはよくないです。

 

目が冴える以外に利尿作用もあるので。

寝る前にトイレに行っても寝てる間にトイレ行きたくなっちゃいます。

 

じゃあ緑茶!?

 

いやいや、緑茶も立派にカフェイン含んでますからね。烏龍茶も一緒です。

 

じゃあココア!?

 

いやいや、カロリー高いよ。

 

一杯あたりは50キロカロリーでも、20日飲んだら、1日分の摂取カロリーに達しちゃいます。

ダイエットしてなくても無駄にカロリー摂りたくはないですよね。

 

つまり、

夜に気軽に飲むためにはノンカフェイン、シュガーフリー、ノンカロリー、塩分ゼロであることが必要です。

 

そこでオススメしたいのがこの3種類です。

 

1.ルイボスティー

ノンカフェイン、ノンカロリーでありながら、爽やかな酸味と美味しさがある南アフリカ原産のルイボスティー。 

matome.naver.jp

 

美味しいだけじゃなくて美容にも効果があるとのことで注目されてますね。

 

カフェインがないことで、妊婦の方にもおすすめです。

 

普通に味も美味しくて好きです。

僕はカルディでいつもまとめ買いしてます。

f:id:re_creation:20170214001535j:image 

2.とうもろこしのひげ茶

ノンカフェイン、ノンカロリー、韓国のお茶です。

ocha-kounou.blogspot.jp

 

普通のコーン茶とは違い、とうもろこしのひげの部分を使用したお茶です。

独特の香ばしさと甘みがあって好きです。

韓国ではダイエット効果があると言われてますね。

僕は同じくカルディでまとめ買いしてます。

 f:id:re_creation:20170214001552j:image

3.白湯

白湯。

 

そう言い替えるとただのお湯です。

hadalove.jp

しかし、当然ながらノンカフェイン、ノンカロリー、そしてコストもほぼゼロという素晴らしい究極のホットドリンクです。

 

しかも色味や茶しぶももないので、あらゆるドリンクの中で唯一、歯を磨いた後に飲んでもOKという、まさにパーフェクトとしか言いようがないスペックなんですよ!

 

でも騙されたと思って一度飲んでみてください。

なんか懐かしいような落ち着くような感覚にとともに、何かがリセットされるような安心感があるんですよね。

 

あと自分の体調がわかる気がします。

 

自分の体調が良い時はお湯の味がしっかりわかりますが、体調が悪いとお湯が不味く感じるんです。

 

飲み物を切らしてしまった時でもいいので是非一度試してみてください。