サブカル系眼鏡男子の日常

断捨離、シンプルライフ、そして最近は仮想通貨がメイン

新生銀行のATM手数料が有料化される件

f:id:re_creation:20180503115930p:plain

こんばんわ。メインバンクが新生銀行使ってるMOJIです。

 

www.asahi.com

新生銀行といえば、実際の店舗は少ないですが、ネットでのサービスが充実しているネット銀行で、特にATM入金、出金手数料が無料で使えることから愛用してきました。

僕も新生銀行はローソン、セブンイレブン、ファミリーマートでのATM手数料が24時間365日無料なので、時間を気にせずいつでもお金を下すことができて愛用しています。

手数料が有料になる人はどんな人?

新生スタンダード会員の出金のみ有料化とあります。

新生銀行のステップアッププログラムによって会員のランクは3段階あります。

f:id:re_creation:20180503152254p:plain

  • STANDARD(スタンダード) 預金100万以下、外貨預金30万以下
  • GOLD(ゴールド)      預金100万円以上
  • PLATINUM(プラチナ)   預金2000万以上

細かい条件は他にもありますが、簡単に書くとこんな感じです。

 

正直しょうがないと思う

セブン銀行などのネット銀行の収益って何かご存知でしょうか?

 

それは他行からのATM手数料なんです。

 

business.nikkeibp.co.jp


つまり新生銀行などの銀行がセブンイレブンのATMで手数料無料と言っているのは、お客さんから新生銀行はとらないというだけで、新生銀行からセブン銀行へは手数料が発生しているんですよね。

 

セブンイレブンのATMで出金すると、セブン銀行に新生銀行が1回あたり108円のお金を払ってたということです。

 

それでセブン銀行は9割以上の利益を得ているんです。

 

つまり新生銀行はATM手数料無料ということで、ユーザーの分を代行してたので、あまりに出し入れされると手数料がどんどん出ていくわけですね。

 

それで今回預金額100万円以下のスタンダード会員のATM手数料無料サービスを打ち切ったわけです。

 

これまでATM手数料無料で集客をしてきた新生銀行としては下げたくなかったでしょうけど、あまりに手数料無料が前面に押し出されて、「少額の移動用口座」として使われてしまうと、収益が得られず痛かったってことですね。

 

これでこれまでATM手数料無料目的で使ってたユーザーは別の銀行へ移動するか、もしくは100万円以上預金するかどちらかの選択を迫られてます。

他にATM手数料無料の銀行は?

新生銀行のほかにもまだATM手数料無料の銀行はあります。

貯金を新生銀行に100万円入れたくないという方の選択肢になりますね。

●ソニー銀行

セブン銀行ATM・イオン銀行ATM無料 他4回まで無料

●セブン銀行

セブン銀行ATM無料

●住信SBIネット銀行

2回まで無料(ランク)

●じぶん銀行

2回まで無料(ランク)

●イオン銀行

イオン銀行ATM・みずほ銀行ATM・ゆうちょ銀行ATM・三菱UFJ銀行ATM無料 他1回まで無料(ランク)

●楽天銀行

1回まで無料(ランク)

●ゆうちょ銀行

ゆうちょ銀行ATM・イーネットATM無料

●SBJ銀行

セブン銀行ATM・イオン銀行ATM無料

イーネットATM10回まで無料

ゆうちょ銀行ATM・みずほ銀行ATM3回まで無料

●ジャパンネット銀行

毎月最初の1回は無料

ATM3万円以上は無料

 

ゴールド会員の条件緩和

ゴゴールド会員になる条件が一つ緩和されるそうです。

 

それはプリペイドカードGAICAのチャージ金額が月1万円以上

 

GAICAってなんじゃそれ?って話ですよね。

 

 

LINEの不正アクセスを受けたときの対処法

f:id:re_creation:20180428081645p:plain

LINE友達が少なすぎる男、MOJIです。

 

先日いきなりこんなメッセージが表示されました。

 

f:id:re_creation:20180428085805p:plain

PCでLINEにログインできませんでした。

ログインを試みた端末:

MS-20171027KCNA

心当たりがない場合はアカウント情報を変更してください。

 とあります。

 

朝起きたらいきなりこんなメッセージがLINEに出てきて、めちゃめちゃ気持ち悪かったです。

 

どうやら今回は何者かがログインを試みただけで、ログインに成功していないようなので、パスワードは破られていないようで、安心しました。

 

自分のPCでもログイン成功すると表示されるのでそこは安全ですね。

メールアドレスがどこかから知られてIDとして入力しているということでしょうか。

 

このPCの端末名が気になったので、ググってみるとYahoo知恵袋の相談が何軒もヒットしました。

2017年後半あたりから、このPCが何度もいろんな人のアカウントのログインを試しているようですね。偶然ではないので、悪意のあるユーザーのようです。

detail.chiebukuro.yahoo.co.jp

友人も不正アクセスを受けてた

この話を友人にしたところ、友人も別の端末からでしたが、不正アクセスを最近受けてました。

 

もしかしたら最近急増してるのかもしれません。

 

今回はログインに成功していないため、すぐにパスワード変更の必要はなさそうですが、不正アクセスが成功しないためには、他のサイトや会員サービスなどとパスワードを一緒にしないことが何より大事ですね。

 

LINEアカウントのパスワードを変更する

もしLINEアカウントが他のサービスのパスワードと同じという場合にはこの際に変更しておくことをオススメします。

f:id:re_creation:20180503215351j:plain

LINEの友達タブ→設定アイコン→アカウント→パスワード

f:id:re_creation:20180503215549j:plain

PCからのログインをできないようにする

LINEの友達タブ→設定アイコン→ログイン許可をオフ

にすることでPC版のLINEからアクセスできないようになります。

自宅のPCやiPadからログインすることがないのであればこちらをオフにしておく方が根本的な対策かもしれません。 

 

重要な個人情報を載せない

そして最悪LINEのアカウントにアクセスされても被害がないようにしておくことも重要です。

金銭的に被害がなければとりあえず問題ないでしょう。

LINEのアカウントがアクセスされた時点で名前や友人の名前がバレてしまうのは避けようがないですが、個人情報に関わる誕生日、住所、銀行口座、資産の情報、パスワードに関わるようなトーク、写真はできるだけ長期間残さないようにしましょう。

 

つい先日海外旅行のために友人にパスポートの番号や、写真を送っていたと頃だったので、画像や会話のログを削除しておきました。

 

その会員サービスに悪意がなくても個人情報漏洩などもありうる時代なので、パスワードを共通化してしまうのは本当に危険です。

 

被害を受ける前に対策しておきたいですね。

初任給なんかより2年目の給与が超重要

こんばんわ。昇給額の低さに転職した経験のあるMOJIです。

f:id:re_creation:20180422223516p:plain

 

1年目の大卒初任給ってトヨタであろうと、中小企業であろうと、20万円台のところって多いと思うんですよ。

日本企業だと横並びです。

2年目の給与って初任給+昇給額なんです。

 

1年目で成果によって反映されることって限られてるので、今後の平均的な昇給額になります。

1年目の昇給額が極端に低い会社ってないと思うんです。

 

つまりその会社にいる限り、今後平均的に昇給するであろう額の期待値です。

 

それが2000円なのか、5000円なのか、8000円なのか、10000円なのか。

 

それによって10年後の給与(=初任給+平均昇給額×10)が、

22万円なのか、25万円なのか、28万円なのか、30万円なのかが決まります。

それを40年後まで示したのがこちらの表です。

 

昇給額別月給

f:id:re_creation:20180422223940j:plain

1年目の昇給が2000円だった場合、翌年の昇給が10000円になるということはあまり考えられません。

 

つまり毎年の格差がどんどん蓄積していくっていう恐ろしさがあります。

 

つまり大手の優良企業にいった友人と比較して、社会人5年目で友人より基本給が3万円安くても「そんなに差がないじゃん」で済ませられますがその差が4倍なるであろう20年後12万円安いとさすがに差がないとは言えなくなります。

 

そして年収で表すと差はさらに格差が明確になります。

これはボーナスを5ヶ月と仮定して年収にしてみたものです。

昇給額別年収バージョン

f:id:re_creation:20180422224529j:plain

これはあくまでベースの変化ですが、残業代も基本給に比例するので、この比率は維持されます。

 

つまり昇給額2000円だと定年を迎えても500万を超えられない可能性もあるってことです。

 

昇進した時には役職手当の上乗せがあると思いますが、毎年昇進できるわけではないことと、会社によっての差も大きいですが、昇進の頻度が少ないことから、差がつきにくいですね。

昇進で1万円と2万円の会社があったとしても、しょせん昇格なんて10年に1回でしょうし。

 

しかも昇給額の実績ってとても重要なことなのに、入社前に公開されないんですよね。

上場企業であれば四季報に平均年収は出てるのでそこからある程度類推はできますが。

 

生涯年収も計算可能になる2年目の給与は人生を考える上でとても重要ですよってことは伝えておきたいです。